スマホのトラブルは放置しない!すぐにiphone修理業者のもとへ

スマホのトラブルは放置しない!すぐにiphone修理業者のもとへ

分解されたスマートフォン

生活に欠かせない精密機器

iphoneなどのスマートフォンは数年で利用者が爆発的に増え、私達の日常に欠かせないものとなっています。しかし、精密機器であるスマホを日常的に持ち歩くことは、故障のリスクと隣合わせとなります。しかし修理費が安くないこともあり、画面にヒビが入ったまま使ってしまう人もいると思います。不具合が出ているスマホを使用し続けると悪化する事もあるので、そのリスクを再度確認しましょう。

なぜ液晶が割れる?

スマホを持って自撮りをする時や、自撮り棒を使った撮影では、最適なアングルを探す為に、角度を調節し、手を滑らせて落としてしまう事もあります。また洋服のポケットに入れているスマホを取り出す時に落としてしまった、かがんだ時に胸ポケットから滑り落ちたなど、私達の生活でも故障に繋がる機会は非常に多くあるのです。中目黒にも信頼できるiphone修理業者はいるため、店舗の場所を確認しておけば、トラブルの際に強い味方となります。

液晶のヒビは他の故障につながる

ガラスにヒビが入ったまま使用していると、画面を押した際の圧力で割れている範囲が広がり症状が悪化していきます。また割れた液晶ガラスでケガをしたり、破片が内部に入り込み、膨張や動作不良を起こすこともあります。何よりも危険なのは、バッテリーに破片が刺さり発火する危険があるということです。そのため、故障した際は自己補修をせず、なるべく早くiphone修理に出すことが安全な利用につながります。

修理依頼の多い内容

no.1

ガラス割れ

ガラスの割れによる修理依頼は最も多い内容といえます。ちょっとした拍子に落としてしまったり、カバンに入れたままぶつけたりなど、故障につながる要因は日常生活に多く存在しているためです。症状の悪化や他の不具合の原因となりやすいため、自分で対応するより、早めに技術を持った業者に依頼することをオススメします。

no.2

パネル修理

フロントガラスの割れに寄る液晶の不具合や、強い圧力が加えられた事により液晶が漏れてしまうこともあります。液晶の不具合は操作不良を起こし、パスロックが知らないうちに解除されていたなどのトラブルにつながります。軽度の割れならガラス交換で済みますが、液晶にまで被害が広がった場合は修理費用も高くなってしまうため、注意しましょう。

no.3

水没修理

雨の日の利用や誤って水の中に入れてしまったりなど、水没修理依頼も多い内容といえます。精密機器であるスマホは基盤に水滴がつくとショートしてしまいます。水没後は電源を落とし、早めに修理依頼に出しましょう。時間が立つと修理が難しくなり、最悪の場合復旧しない事もあるのです。

no.4

バッテリー交換

モデルや使用方法によっても異なりますが、だいたい1年から2年ほどでバッテリーの持ちが悪くなっていきます。そのまま使用していると熱をもち機器の劣化につながります。またバッテリーが膨張しケースを圧迫すると液晶にも被害が出ることがあるため、なるべく早く新しい物と入替えましょう。

no.5

ボタン不具合

電源ボタンやホームボタンの修理も依頼のある箇所となります。音量が勝手に変わってしまう、ホームボタンが反応しないなど症状がある場合は店舗に相談してみましょう。修理箇所によっては短時間で修理が終わることがあるため、持ち込んだその日に修理が終わる事も多いのです。