iPhone修理業者に頼らないために自分で対策する!

故障を防ぐために

生活必需品であるスマホを長く使うために、色々なアイテムが販売されています。iPhone修理となると急な出費になるため、事前に対策する必要があるのです。

オススメのスマホケースランク

女性
no.1

TPU素材

1番オススメの素材はTPU素材を利用したケースです。傷に強く、弾力性のある素材のTPUはシリコンとポリカーボネートのいいところを集めた素材となります。軽く薄いことや、衝撃で破損しにくいこともあり、傷が付きづらく、衝撃性に優れた素材といえます。

no.2

シリコン

柔らかく衝撃性の高い素材のシリコンもスマホケースで多く使われています。着色がしやすく、加工も容易なため、キャラクターがプリントされたケースに採用されることの多い素材です。また地面に落とした際にも本体が壊れにくい他、滑りにくい素材のため、そもそも落とす機会が少なくなる事もメリットとなります。

no.3

ポリカーボネート

プラスチックの一種であるポリカーボネートは、なめらかな手触りと光沢感が特徴です。しかし他の素材と比べ傷が目立ちやすく、耐衝撃性も低いデメリットがあります。安価で加工し易いことから、透明なケースなど、目にする機会の多い素材です。

iPhone修理業者に頼らないために自分で対策する!

携帯

もしもの時のためにできること

iPhone修理依頼で多い内容としてガラス割れの交換修理が挙げられます。これをやっていれば絶対に割れない!という対策はありませんが、事前に対応することで、その確率を軽減することができるのです。落下させないように注意して取り扱うだけでなく、もしもの時のために、市販されている対策グッズを利用しましょう。

女性

故障防止アイテム

購入時のまま使用するよりも、画面に強化フィルムを貼ることで画面割れのリスクは軽減できます。購入時に汚れ防止のためのフィルムを付けてくれる店舗もあると思いますが、できれば衝撃を吸収できるガラス製のものを利用しましょう。また、耐衝撃ケースを利用する事もおすすめです。落下の際の衝撃を緩和し、画面割れだけでなくボタンなどの故障率も下げることができるのです。

対策アイテム比較

保護フィルム

スマホ購入時におまけのアクセサリーとして保護フィルムがついている事があります。指紋や汚れから保護する事を目的としたフィルムは、基本的に安価で操作する際の感度に影響しない物が多くなります。

ガラスフィルム

厚いガラスフィルムは感度が悪くなることや、ケースによっては干渉してしまい、使えないことがあります。しかし、通常の保護フィルムよりも、画面を傷や衝撃から守る性能が高く、画面割れを防ぎやすくなるのです。